陽子線治療の原理

| 未分類 |

さくらんぼ医療保険を見てみると保障内容の中に、先進医療に関する保障という項目が含まれている商品もあります。医療の世界は日々進化していて、最新式の医療も次から次へと出てきます。最新鋭の治療法を受けた方が、がんのようなまだ進行すると治療するのが難しい病気も完治する可能性に期待が持てます。
ただしこのような最先端の医療は、保険がきかないことが多く自由診療扱いになります。このため、全額自己負担で莫大な費用が必要になります。高額な医療費を医療保険で保障されていれば、安心して治療に専念できます。
このように医療保険の保障の対象になる治療法の中でも、高額治療費を請

 

求されることの多いものに陽子線治療があります。治療を受けただけで数百万円もかかることもあります。ところでこの治療法はどのようなメカニズム・原理で治療しているのでしょうか?

 
陽子線というのは、体の中での透過力が大きいので奥深くに侵入して限局性固形がんなどのがん細胞を破壊します。しかも一定の深さまでは到達しますが、それ以上は奥に到達しないという特性も持ち合わせています。このため、余計な照射をする必要もなくなります。
効率的にがん細胞に対してピンポイントで照射できるので、体にかかる負担も最小限に抑えられます。”