種類別に見る!がんの手術費用の平均

| 未分類 |

日本人の死亡原因の上位に、常に位置しているのはガンです。発見が早ければ完治できる病気ではありますが、色々な部位にガン細胞はできるため、治療にかかる費用は多額になる傾向があります。

 
治療法は色々ありますが、除去手術によって治療するケースが多いです。入院期間も長期化する場合があり、退院後の通院期間も長引くのが一般的です。ガン保険商品が多いのは、病気になる確率が高く、費用がかかるという理由によります。

 
具体的にどの程度の治療費がかかるのか、説明していきます。ガン手術をした場合、平均でどのくらいの費用がかかるか紹介します。

 
ガン細胞を全て切除する目的で行う手術を根治手術と言います。症状の緩和に重きをおき、抗がん剤などと併用して治療する手術を姑息手術と言います。ガンの大きさや進行具合などで医師が判断をし、患者と相談して決めていくのが一般的です。

 
手術費用は、部位によって異なります。女性に多く見られる乳ガン手術の中で、乳腺悪性腫瘍切除術を行った場合は、3割負担で25万円程度が相場となっています。

 
胃全摘術の場合は50万円くらいが相場となっており、胃切除術では44万円程度が平均的な費用となっています。症状や進行具合に応じて手術の種類は変わりますので、進行しているほど高額になります。