先進医療の種類について

| 未分類 |

先進医療は、実施している機関が限られ、全てのがん治療に適しているわけではないため、がん保険の特約ではあまり重視していない人もいるようです。厚生労働省が公表しているこれらの技術は94種類、特定の機関において実施が認められている技術は34種類あります。がん保険を含めた医療保険で、こうした治療費への保障をよく目にするようになっていますが、がん保険ではがんを直接の原因としていることが条件となります。

いちご
がんの治療では実施数が特に多いものでは、体への負担が少ない陽子線治療と重粒子線治療があります。次に、切除が困難なものに限る、肺がんへのラジオ波焼灼療法の実施数が比較的多いです。ラジオ波焼灼療法は腎がんや乳がんでも実施されています。

 
また、骨軟部腫瘍などに対して行う化学療法に伴うカフェイン併用療法や、腫瘍に対する抗がん剤の感受性を知ることができる薬剤耐性遺伝子検査の実施などもあります。ほかにも樹状細胞及び腫瘍抗原ペプチドを用いたがんワクチン治療、腹腔鏡下子宮体がん根治手術などがあり、多岐にわたります。

 
実施数の多い陽子線治療や重粒子線治療は、治療費が300万円近くにのぼります。それに対し特約の月々の保険料は安く、備えておくと安心できる保障のひとつと言えます。