種類別に見る!がんの手術の割合

| 未分類 |

日本人でも、毎年がんで命を落としている方は非常に多いです。最近では、最先端の医療も導入されているので、完治する方や、治療が成功する方も多くなってきているものの、いまだにがん罹患率は高く、特に年を重ねたお年寄りの方が命を落としてしまう事が多いです。これは、お年寄りは身体が弱く、治療などに耐えきれないという点からも言えます。罹患しているのは、若い方でも多くなっています。がんは年齢関係なく発症する恐れがある、非常に重大な病気です。

 
がんの種類にも色々ありますが、特に4種のがんの手術の割合が多いようです。そのがんとは、乳がん、胃がん、肺がん、大腸がんです。

猫11
乳がんにつきましては、女性特有のがんとなりますが、その他3つのがんは、男女共にかかるリスクの高いがんです。特に肺がんは、煙草を吸う方が多い男子に多いがんです。女性でも煙草を日常的に吸っている方は要注意です。

 
胃がんは、日本人は元々胃弱な人種という事からも言われていますが、近年では、ストレスが起因して発症しているという点も大きいです。
大腸がんは、男女共に多いがんです。生活習慣病から発症するがんでもあり、初期症状が分かりにくく、検便をしたり、内視鏡でポリープの有無を観察する事で、発見する事ができます。