重粒子線治療の原理

| 未分類 |

従来の放射線治療とは異なる重粒子線治療。今までのものに比べ副作用が少ないこと、そして正確な照射が可能になっており、切らずに治す体に優しいがん治療として注目を集めています。

 

 

キノコ

重粒子線治療の原理は、重粒子(炭素イオン)を加速させてがん細胞に照射し殺してしまうというものです。この治療の適応は限局性固形がんとされており、陽子線治療とともに先進医療に分類されます。

 
ガンマ線やX線などの放射線治療では、体の表面近くで線量が最大(細胞殺傷力が最大)となり体の奥へ進んでいくとともに減少していきます。つまり、深いところにあるがんにダメージを十分に与えるためには、手前にある正常な細胞により大きなダメージを与えることになってしまうのです。

 
一方、重粒子線は加速のさせ方によって体内に入る深さが決まり、その周辺でエネルギーを急激に放出して止まります。この現象はブラッグ・ピークと呼ばれ、手前にある正常細胞にあまり影響を与えることなく、がん細胞のみを殺すことが可能です。

 
このように、重粒子による治療はがん細胞に集中して照射できることやずれ・散乱が少ないことから、ほかの放射線治療よりも高い細胞致死効果を誇ります。このおかげで神経組織や大事な臓器を避けながらの精密治療が可能となります。