いざという時に備えるがん保険ですが、いくらくらいのお金が必要になるのでしょうか。まず、がんの治療も他の病気や怪我と同じく、保険証を提出することで実際に掛かった費用の3割を支払えば大丈夫です。3割負担で掛かるがんの平均的な治療費は、およそ20万円から30万円ほどです。

 
この保険はその名の通りがんになると様々な保障が受けられます。がんと診断された時点で受け取ることが出来るがん診断給付金というものから始まり、入院した場合に支払われるがん入院給付金、手術した場合に支払われるがん手術給付金と、がんになった場合のおおよその費用を賄うことが出来ます。

猫10
しかし、当然ながら対象となるのはがんのみなので、がん以外の疾病や怪我では給付されません。そういったものを保障しているのは医療保険で、逆に医療保険はがんを対象にしているものもあります。そのため、医療保険も一緒に検討することが大事になってきます。

 
生命保険にはさまざまな種類や特約があるため、自分に適したものを選ぶ必要があります。そのためには、一つの保険に囚われず他の多くの保険も含めてトータルで検討することが求められます。保険料も現在だけではなく、将来も考えて慎重に判断すべきだと言えます。